まち・観光

「博多シティ3階改札口」電車を見ながら休憩できるスペース!博多駅の穴場です。

「博多シティ3階改札口」は、電車を見ながら寛げる休憩スポット。静かでゆっくりできる穴場です。

博多駅構内でゆっくりと寛げるスペースって意外と少ないんですよね。どっか無いかな~と歩いていて、見つけたのがこの場所「博多シティ3階改札口」です。

在来線のホームを見下ろすこの場所は、電車を見ながらゆっくりできる穴場スポット。少し奥まった場所にあるので、私が訪れたときは人も少なく静かで落ち着いた場所でした。

この改札口があるのはJR博多シティの3階

博多シティ3階改札口1

アミュプラザ博多の3階と

博多シティ3階改札口2

博多阪急の3階から行くことも出来ます。

博多シティ3階改札口3

博多口側にあるデッキから、こちらへ直接来ることも可能。3階デッキはFM福岡のスタジオもあり、ここも休憩スポットの一つ。

FM福岡博多シティスタジオ17

通路にもベンチが設置され、本を読む人や寛いでいる人がいます。

博多シティ3階改札口4

通路の奥には、九州を代表する観光列車「七つ星」のラウンジがありました。

博多シティ3階改札口5

ここにあるのが博多シティ3階改札口。

博多シティ3階改札口6

休憩スポットは改札の内側なので有料スポットなんですが、入場料は140円。これで2時間利用できます。

博多シティ3階改札口7

改札から入っていくと、中は広々とした空間。天井も高く、とっても開放的です。カフェスタンドもあり、めっちゃいい場所じゃないですか。

博多シティ3階改札口8

子供を意識しているんですかね、子供向けの施設もあります。

博多シティ3階改札口9

こっちには走らないけどプラレールが置いてありました。

博多シティ3階改札口10

九州新幹線の車両模型

博多シティ3階改札口11

まどの外を見ると・・・おぉッ!駅のホームが見えます。こいつはいいねぇ

博多シティ3階改札口13

のどが渇いてきたので、コーヒーでも飲んで寛ぎましょ。私の地元の言葉でいうところの「コーヒーをしばく」とか「コーヒーをいわす」というやつです。

コチラがカフェスタンドのメニュー。

博多シティ3階改札口14

今は夏やし、めちゃめちゃ熱いし、やっぱレーコーでもしばきながらゆっくりするに限ります。ここは冷房も効いていて、めっちゃ快適。

博多シティ3階改札口15

窓辺には子供用のロッキングチェアー、大人には小さいので無理して座っちゃダメですよ。

博多シティ3階改札口16

外を見るとちょうど電車が入ってきました。これは撮影せねばっ!

なぜか電車を見るとワクワクしてしまうんですね、テツじゃないんですけど男のサガといやつでしょうか。

博多シティ3階改札口17

子供向けの本も置いてあります。

子供が少しグズッたときなんか、ここに連れてくるとイッパツで機嫌が直りそう。小さな男の子なんかだと喜ぶこと間違いなしです。

博多シティ3階改札口18

っちゅうことで、ここで休憩するのにかかった金額は総額340円。時間をつぶしたり、博多観光で少し休みたいときに利用しやすい場所です。

駅構内の歩きスマホは危ないので、ガッツリとスマホいじるときにも最適です。

博多シティ3階改札口19

博多駅だとカフェなんかも人が多くて寛げないこともあるんですよ、そういう中で電車みながら寛げるこの改札口は穴場スポットとして使えるんじゃないでしょうか。

という事で今回の博多レポート、博多シティ3階改札口でした。

「博多シティ3階改札口」

場所がわかりにくいという人のために、駅構内図のリンクを張っておきます。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で博多ギークをフォローしよう!

スポンサードリンク

関連記事

  1. 「福岡空港展望室」最新、博多の注目観光スポット!人気急上昇中です…
  2. 「博多マルイ」に行ってきたよ!レストランフロアとかKITTE博多…
  3. よかもんカフェ22 県庁の最上階からの眺めが抜群!福岡よかもんひろばのカフェで博多ラ…
  4. 「福岡よかもんひろば」ここは絶対行くべき!博多の展望スポット&展…
  5. 「やぐら横丁」旧博多駅前の繁華街を今に残す昭和レトロな横丁路地
  6. レトロな建物ファン必見!博多対馬小路で見つけた見事すぎる古民家
  7. 崇福寺の仏殿が残る博多区千代の「松源寺」派手な彫刻は必見ですよ
  8. 【博多レトロゾーン】キャナルシティ博多のすぐ近く!昭和の下町っぽ…

まち・観光

  1. よかもんカフェ22

グルメ

  1. 辣式まぜそば

新店情報

  1. 弥栄

ショップ情報

イベント・エンタメetc

中の人ブログ

  1. 弥栄
  2. 辣式まぜそば

読まれている記事

PAGE TOP