まち・観光

「やぐら横丁」旧博多駅前の繁華街を今に残す昭和レトロな横丁路地

旧博多駅は祇園にあったそうで、その跡を見に行ったら当時の姿を残す「やぐら横丁」という昭和レトロな路地がありました。

京都のような古い町を皆が協力して残している古都を見るのも楽しいけど、開発が進んでまるっきり古いものをぶち壊した街の中で、僅かな過去の痕跡を見つけるのも楽しいですね。博多は古い歴史ある街かもしれませんが、殆ど壊してしまい昔の面影をあまり残していません。しかし、それでも壊されずにひっそりと昔の姿をとどめている場所もあるんですよ。

今回はそんな昔の姿をとどめたレトロな横丁のお話。

博多駅は1963年に現在の位置に移転するまで、現在の位置から北西方向、ちょうど承天寺の南側あたりにあったんです。写真で見ると、ちょうど承天寺の南側から西方向へ博多駅があった事がわかります。今の博多駅よりは小さいみたいですが、かなり大きな駅だったことがわかります。

写真:国土地理院(1961年)

写真:国土地理院(1961年)

上の写真によると、博多駅の場所がちょうど博多の街の南東端。江戸時代には堀があり、辻の堂口門という博多の入り口があった場所。戦国から江戸時代の入り口に、博多駅が建っていたというのも興味深いですね。ここから海に向って、東西両側を川に挟まれた内側が博多です。なので、今の博多駅は、博多の町からすこし離れて作られていたんですね。

現在残されている旧博多駅跡は、この出来町公園です。

やぐら横丁3

公園は工事中でしたが「九州鉄道発祥の地」と書かれた碑が建っていました。九州の鉄道で最初の区間は博多ー久留米(千歳川仮停車場)で、1889年の事です。千歳川仮停車場とは、久留米駅を作ったもののの筑後川の鉄橋工事が間に合わず筑後川北岸に作られた駅です。

やぐら横丁4

ここはちょうど承天寺山門の南側を走る通り。写真では旧博多駅に沿う道があるので、おそらくこの道から右手が旧博多駅だったと思われます。

%e3%82%84%e3%81%90%e3%82%89%e6%a8%aa%e4%b8%815

祇園大通りから承天寺方面、正面に見える二本の道のうち右側の道が旧博多駅舎の正面に入っていく道だったんじゃないでしょうか。

%e3%82%84%e3%81%90%e3%82%89%e6%a8%aa%e4%b8%816

そして正面に見えているビルも駅構内、僕が立つ位置から左側にホームと線路があったはずです。やっぱ、かなり大きな駅ですよ。

やぐら横丁7

他に何か痕跡が無いかな~とあるいてみるものの、特にこれといったものは発見できませんでした。このまま祇園へ向かい、大通りから一本入ると昭和のにおいがプンプン香ってくる古い建物群。この辺りの路地は、古い写真とほぼ同じ形で残っています。

やぐら横丁8

うわぁ~、このサウナとかモロ駅前っぽいんですけど、どうでしょうね、微妙な感じかな。

やぐら横丁9

祇園という場所は、敗戦直後、引き上げの中心地でした。大陸からの引き上げ船が博多港に着き、この旧博多駅から各地へと帰還していったんです。そのため多くの人であふれ、闇市なども出て相当な賑わいだったとか。博多駅が移転する前まで駅前繁華街として栄えていました。いまでも十分、その面影を残していますよね。

うはっ、この建物は古いぞ。

%e3%82%84%e3%81%90%e3%82%89%e6%a8%aa%e4%b8%8110

この昭和レトロな街並み、オッサンには懐かしい風景です。おちつくな~と思いながらキョロキョロと歩いていると・・・素晴らしい横丁を発見!もうこれ、強烈、昭和です。

やぐら横丁11

どうですか、昭和は昭和でも僕が生まれる前の建物ですね。おそらく昭和30年代頃の建物でしょう、三丁目の夕日と同世代の建物ですよ。

やぐら横丁12

古い建物を利用して、今でもシッカリ営業中。ちゃんと横丁やってます。

%e3%82%84%e3%81%90%e3%82%89%e6%a8%aa%e4%b8%8113

見てくださいコレ、木ですよ木、今見ると斬新ですよね。

やぐら横丁14

屋根はトタン屋根。本当に昭和の街にタイムスリップしたみたい、ここだけ時間がゆっくり流れている気がしてきます。

%e3%82%84%e3%81%90%e3%82%89%e6%a8%aa%e4%b8%8115

この建物は明らかに旅館ですね。

%e3%82%84%e3%81%90%e3%82%89%e6%a8%aa%e4%b8%8116

営業されてるのかは不明ですが、ちゃんと旅館の看板がありました。

やぐら横丁17

スグ脇が祇園大通りで騒がしいハズなんですけど、とても静かな通りに感じるんですよね。やっぱこの昭和にタイムスリップしたような風景が、そうさせるんでしょうか。

ふと建物の壁を見ると「やぐら横丁」と書かれていました。

%e3%82%84%e3%81%90%e3%82%89%e6%a8%aa%e4%b8%8118

途中まで進んで後ろと振り返ると、どうですかこの横丁。いい雰囲気ですよねぇ

やぐら横丁19

建物も相当に古いです。おそらく旧博多駅時代の姿を、ほぼそのままとどめてるんじゃないでしょうか。

やぐら横丁20

祇園大通りから「やぐら横丁」を見るとこんな感じ。一双というラーメン屋さんが目印ですね。

やぐら横丁21

振り返ると祇園大通り、このまままっすぐ行くと承天寺方面、商工会議所入り口交差点。道路の反対側、向かって右手は旧博多駅の敷地だったはずです。

%e3%82%84%e3%81%90%e3%82%89%e6%a8%aa%e4%b8%8122

いや~、こういう発見があるから町歩きは楽しいですよね。どんどん新しいものを取り入れて、洗練された町になっていく福岡博多。けどね、博多にはこういう下町っぽい、昭和レトロな場所が残っているんですよ。もっともっと、博多のレトロを探してディープに潜っていきます。

ちなみに、やぐら横丁という名前、なんでかな~と思ったら、戦国末期、ここには矢倉門という門があったんですね。昭和初期頃までは、矢倉という地名が残っていたようです。%e3%82%84%e3%81%90%e3%82%89%e6%a8%aa%e4%b8%8123

なるほど~。

以上、旧博多駅跡と「やぐら横丁」に行ってきたよ!レポートでした。

「やぐら横丁」

MAP:福岡市博多区祇園町2−14(一丸旅館)⇒ Googleマップへ



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で博多ギークをフォローしよう!

スポンサードリンク

関連記事

  1. 櫛田神社参道、一の鳥居横に建つレトロカッコいいビル【博多レトロ】…
  2. レトロな建物ファン必見!博多対馬小路で見つけた見事すぎる古民家
  3. 「博多合戦」無念!菊池一族とその郎党の首が見つかった場所と鎮西探…
  4. 【博多レトロゾーン】キャナルシティ博多のすぐ近く!昭和の下町っぽ…
  5. 崇福寺の仏殿が残る博多区千代の「松源寺」派手な彫刻は必見ですよ
  6. 博多の下町レトロな街並み「美野島商店街」の路地裏で悶絶!めっちゃ…
  7. 「博多シティ3階改札口」電車を見ながら休憩できるスペース!博多駅…
  8. 博多レトロ巡り!大博町で見つけたレトロモダンな建物とアパート

まち・観光

  1. よかもんカフェ22

グルメ

新店情報

  1. 弥栄

ショップ情報

イベント・エンタメetc

中の人ブログ

  1. 弥栄
  2. 辣式まぜそば

読まれている記事

PAGE TOP