中の人ブログ

【福岡】農家じゃない僕が畑をゲットしました!自己資金ゼロ、未経験から副業農業

自己資金ゼロ、農業未経験で農家じゃない僕が畑を借りました!正確には「借りた」じゃなくて使わせてもらう約束をしたんですけどね。

不便な過疎地はいやだ、都会的な暮らしも田舎的な暮らしも、どっちも両立したい!という我儘を叶えてくれる福岡市。実に素晴らしい所ですよマジで。そんな福岡市内で田舎的な暮らしをするために、目指すのは副業農業、兼業農家です。ただ、元もと僕は農家じゃないし、そもそも地元の人間ですらない。自己資金ゼロ、農業経験ゼロ、いきなり農業始めるとか言っても不可能なんですよね普通なら。そもそも僕が農業始めても、それは趣味の世界。正確には兼業農家ではありません。なので、僕が作った言葉が「勝手農業」です。

農家でない個人が、勝手に農地を確保して農業を始めるので勝手農業。そして、その第一歩となる畑を見に行ってきました!

場所は福岡市早良区曲淵というところ。自宅から自動車で15分くらいでしょうか、かなり近くで見つかったので嬉しいですねぇ。ここ福岡市内ですよ、良い所でしょう?

%e7%95%91%e3%82%b2%e3%83%83%e3%83%881

最初はもっと田舎で農業やったり、スローライフがしたかったんですが・・・もうココで十分。これでも政令指定都市、人口150万を超える街の一部ですからね。

畑ゲット2

で、使わせてもらえる畑は、この集落から自動車で2・3分、少し山に入ります。

畑ゲット3

そして到着、3段になった段々畑。「形も悪いし使いにくいから、ユンボで一つ段を崩そうか?」と言ってくれたのですが、イヤイヤイヤイヤ、それは申し訳ない。露地野菜なのでこれで十分です、むしろこんないい場所使わせてもらっていいんですか?ですよ。

畑ゲット4

この畑の所有者は、福岡市のお隣にある糸島市に大きな田畑を持ってる方。この段々畑だけが飛び地のようになっているそうなんです。それまではお父様がここで畑をやっていて、契約している蕎麦屋さんに毎日配達していたそうです。お父様が亡くなり、ご本人サラリーマンなので農業やる気はなく、糸島の農地は専業でやってる人に全部貸したんだそう。ただ、ここは飛び地だし形も悪いしで借り手がつかなかったのだとか。

使わせてもらう条件は、時どき土いじりがしたくなるので、自分も気が向いた時に畑いじっていいのなら自由に使っていいよとのお話。てか、じゃあ畑やってもらって僕が手伝いますよと言ったら、ガッツリ農業をやる気はないので全てコチラに任せるとのこと。なので、使わせてもらう条件は、たまに農作業がしたくなった時に畑を手伝うということと、少し作物を分けてほしいとの事。いや~、ありがたい、こんな話ってあるんですね。僕は全くの素人で普段は仕事してますから、時どき面倒を見てもらえるだけでもありがたい。ほんと、いい人で良かった。

ただまあ、3年放置されていただけあって、草ぼうぼう、まずは耕さなきゃいけません。これが一番広い最下段の畑。畝もマルチも残ってるし、意外と簡単に耕せそうです。

畑ゲット5

ここが二段目。

畑ゲット7

そして三段目

畑ゲット8

道路には猪除けのフェンスが張り巡らされています。場所によっては電流を使ってるところもあるので、他の人の畑には近づかないように言われました。まあ、そんなことしないけどね。

畑ゲット9

しかし、同じ福岡市内とは思えないのどかな風景。今は畑ですが、元は棚田だったんでしょうかね。水を引く水路も二か所あるとのことでした。

%e7%95%91%e3%82%b2%e3%83%83%e3%83%8810

いずれにしても、一度草刈りをして耕さなきゃいけないんですが、今からだと植える野菜が無いから春野菜の前準備の時、来年に入ってから一緒にやりましょうとのこと。いやいや、そんな事まで手伝ってもらったんじゃ申し訳ないです。と断ったのですが、意外と楽しみにしているようで一緒にやる事になりました。

で、この場所に連れてきていただいたこの軽トラ。「使ってないからこれも使っていいよ」と一言。いや、僕の野望としては軽トラ市仕様にして、月2回くらいどっかで朝市やりたいと話したことがあったのですが・・・軽トラまで貸していただけるとは。何から何までありがとうございますですよ。

あ、保険の確認しとくの忘れてた、もし任意保険なかったらそれくらいは自分で負担しなきゃ申し訳ない。

%e7%95%91%e3%82%b2%e3%83%83%e3%83%8811

一通り畑の説明を聞いて、草に埋もれていたり、周りは全部荒れてるので境界があいまい。なので、正確な区切りを忘れてしまった場所もあるそうなのですが・・・まあ、そっちは市の土地だから、はみ出してると言われたらどけばいい。気にするなと言われました。

肝心の広さは、登記上は1300㎡。副業でやるには十分な広さです。

そんな話をしながら畑から数百メートル離れた場所にある納屋へ連れていかれ、ここにある道具も納屋も自由に使っていいよと・・・もう驚きません!完全に農家仕様の新しい納屋でした。

%e7%95%91%e3%82%b2%e3%83%83%e3%83%8812

これなら調整(収穫後の手入れ)なんかも十分できるし、ニンニクと玉ねぎは作りたいので干す場所にも困りません。さらに、この奥では漬物を作っていた場所があり、そこがけっこう広いんです。販売用に作ってた場所じゃないとの事なので、保健所で漬物工場の事を聞いてこなきゃいけませんが、手作りで漬物工場にする人もいるらしく、将来的には漬物や佃煮なんかを作って加工もできそうです。夢が膨らみますねぇ。

勝手農業に漬物工場、軽トラ市で目指せ非農家による、ひとり6次産業化ってか?w

で、コレも使っていいよと言われたのがこの管理機。他にもあったそうなのですが、農業やめたので処分したとのこと。「3年以上使ってないから、動くかどうかわからないけどね」だそうです。いやいや、2ストエンジンならメンテしたら動くでしょう、これが動けば畝たて器を買えばいいだけ。ありがたい事です。

畑ゲット13

おぉ、クワなんかもあります。

マルチやら石灰やらいろいろあって、このまま何にもなくても農業始められそうな感じ。

畑ゲット14

いや、まさかこんな事になるとは思いませんでした。畑を使わせてもらうのも、もっと難しいかと思ったのです。ガムシャラに動いてみると、思わぬところから救いの手が差し伸べられました。これも都市部だからこそなのかもしれません。畑の所有者は、僕の職場に出入りしている他社のスタッフ。普通にサラリーマンやってる人ですから、ウチの畑使えばいいよと言ってくれたんです。とりあえず始めてみて、「まずは野菜が作れるようにならなきゃいかんね」と言いながら笑っていました。

という事で福岡で田舎暮らし、少しずつ着実に進んでいます。本当は、もっと九州でも不便な田舎の過疎地じゃないと農業は無理と思っていたのですが・・・福岡市のポテンシャルがやばすぎて田舎に行く必要がなくなりました。

年内は農業の動きはありません。今から植えても、ハウスじゃないから霜にやられておしまいです。2月の終わりごろから荒れた畑を耕すのと同時に土づくりをして、春植えの野菜からスタートです。

それまでは機械のメンテナンスくらいかなぁ、やることは。作る野菜のローテーション表も作ってありますからね。まあ、最初は上手かないでしょうがね。

ただ、チャレンジして失敗しなければ、何も出来るようにはなりませんからね。なんでもそうですが、出来るからやるんじゃなくて、やるから出来るようになるんです。チャレンジするという事は失敗をするという事。そこから学んで工夫して、出来るようになるんです。

どうなることやら、こうご期待!ですよ。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で博多ギークをフォローしよう!

スポンサードリンク

関連記事

  1. カジノ法案の前にパチンコをどうにかする必要があるんじゃね?
  2. 「福岡で新規就農」仕事を辞めずに農業始めました!耕作放棄地再生5…
  3. 福岡市役所へ新規就農相談に行く!の巻「資金なし、未経験から休日副…
  4. 【クリボッチ2016】ローソンから一人用クリスマスケーキが発売!…
  5. イケダハヤトさんのブログで見た「Next Commons Lab…
  6. 【お知らせ】当サイトは間もなく閉鎖し、全ての記事を新しいサイトへ…
  7. 地域ローカルメディアブログ作りに絶対必要なもの4つ!無料ブログは…
  8. 「日本の現代が終わる」時代の終わり、僕は時代の大転換点にいるのか…

まち・観光

  1. よかもんカフェ22

グルメ

新店情報

  1. 弥栄

ショップ情報

イベント・エンタメetc

中の人ブログ

  1. 弥栄
  2. 辣式まぜそば

読まれている記事

PAGE TOP