グルメ

「とろみや」博多古門戸町のとろみ専門店でランチ!麻婆豚骨ラーメン食べてきたよ

博多の歴史スポット古門戸町で大人気のとろみ専門店「とろみや」でランチしてきました。

古門戸町の「とろみや」さん、来てみたかったんですよね。あんかけの食感と、口の中一杯に広がるスープのうま味。たまりませんよね。僕が特に好きなのは太麺皿うどん。ちゃんぽん麺にタップリかかったあんかけを、麺と一緒にズズズッとやった時の食感と、口の中一杯に広がるスープのうま味。あの麺が焦げたところとか、最高ですよね。か~ッ、太麺皿うどん食べたくなってきた!

じゃなくて、今回は「とろみラーメン」を食べに来たんだった。

お目当てのお店「とろみや」は古門戸町という場所にあります。ここは博多の歴史の中でも、重要な場所。鎌倉時代末期には、博多防衛の最前線。海岸線に築かれた石築地などがあった場所なんですね。そして、今は御供所町にある「妙楽寺」があった場所でもあるのです。

とろみやさんのすぐ近くにある電柱には、またもや博多の歴史を案内する看板。これマジでありがたい。

とろみや1

この妙楽寺、石城寺と呼ばれたお寺で、外交施設の宿泊施設として使われていたそうです。まあ、寺=屯所(駐屯地)ですから、石築地という防壁とそれを守るための武者所として防衛施設でもあったのでしょう。この地にあった妙楽寺の山門は、高さ三十メートル。博多のランドマークタワーでもあったそうです。

%e3%81%a8%e3%82%8d%e3%81%bf%e3%82%842

この看板からすぐ道路の向かい側、水上ビルの一階に「とろみや」はあります。

とろみや3

お店は通り沿いじゃなくて、少し入ったところにあります。角にはラーメンの登りと、この看板がありました。

とろみや4

角を曲がるとスグ。ありました!赤い提灯が目印ですね「とろみや」です。

%e3%81%a8%e3%82%8d%e3%81%bf%e3%82%845

お店の中はこんな感じ。入って左側にカウンター、正面に小上がり、そして右手切れてますがテーブル席があります。

とろみや6

さて、今日も一人なのでカウンターに着席。メニューを見てみましょう。

まずはランチメニュー

とろみや7

一品料理とご飯もの、あんかけ炒飯はまあイメージ通り。博多中華丼がとっても気になる・・・中華丼旨いですよね、子供の頃は大好きで近所の中華屋によく行ってました。僕が小さい頃の大好物は、ハンバーグやお子様ランチより中華丼とカレーうどんだったんです。そういや、最近は食べてないなぁ。

とろみや8

ドリンクと麺料理のメニュー。

とろみや9

カウンターの上には誰かのサイン。僕ね、ほとんどテレビ見ないんですよ。なので、芸能人とかスポーツとか興味ないし、誰が誰だかわかりません・・・

とろみや10

テーブルの上には醤油、ソース、酢、ラー油と、もう一つ見えてませんね。

とろみや11

そして、注文したメニューはコチラ。

「四川麻婆豚骨ラーメン」だ!ドーン!!

当然ランチセットですよ、とろみ醤油と相当迷ったのですが・・・ここはやっぱ豚骨だろうと、それも麻婆ののった豚骨だろうと思ったんですよ。ここでいかねば負け組じゃないって・・・そう、僕は負け組、ダメおやじの星になるッ!

トレーの上にラーメン、ゆかりご飯、そして漬物・・・というか小鉢てきな感じ。

%e3%81%a8%e3%82%8d%e3%81%bf%e3%82%8412

おや?ちょっと思ってたのと違うかな、とろみ専門店と聞いていたのですがラーメンに「とろみ」はありません。普通のラーメンに、とろみ系の麻婆豆腐がのってます。あの、とろみと一緒にゾゾゾッとやる感じじゃなさそうです。

とろみや13

それではさっそく、スープ行きましょうスープ。

うん、臭みはないキレの良いスープ。けどアッサリではなくて、グッとくる強めの味。豚骨醤油と、魚介系のダシを使ってるような味。僕は貧乏人で味覚も貧相なのでハッキリしませんが・・・口に入った瞬間からコクと旨みがグッと濃いめに出てきますが、しつこくなくて切れがいい。

それよりも、このスープの味と濃厚な麻婆豆腐の相性が抜群!こいつぁ旨い、組み合わせとして意外性はないけど、想像通りの味はやはり貫禄の王道、つまり・・・ウマい。

%e3%81%a8%e3%82%8d%e3%81%bf%e3%82%8414

ね、見てこの麻婆豆腐、味噌系のコクのある濃厚なうま味とピリッとした感じがほんと旨いんですよ。

とろみや15

麺は少し硬めのストレート麺。特に硬さは指定してないけど、ブツブツと切る感じはシッカリしてます。僕はバリカタが大嫌いなので、この硬さがちょうどいいです。

とろみや16

こうやってグチャグチャーと混ぜてスープ飲むと、めちゃめちゃ合うんですよ。この独特のとんこつ味と、麻婆の味が。他では味わったことのないスープになります。

%e3%81%a8%e3%82%8d%e3%81%bf%e3%82%8417

そしてご飯、セットについているのに「ゆかり」ご飯になってます。これ好きなんですよ、おにぎりにしたら最高ですよね。

%e3%81%a8%e3%82%8d%e3%81%bf%e3%82%8418

おっと、ピントが奥に行った。けどちょうど良かったですかね、この「もやし」が美味しかったんですよ。

とろみや19

ウンウン美味しい、博多のラーメンというより創作ラーメンですね、他ではナカナカ味わえないタイプのラーメンです。お店のフェイスブックなんか見ていると、いろいろとメニューの開発もされているようですねぇ。まだできて間もないお店ですから、これから要注目!ですよ。

さて、ランチを終えて外に出てみると、何ともレトロな建物。

この界隈には昭和が漂っています・・・てか、博多って昭和の街並みがかなり色濃く残ってますよね。天神と違ってそこが僕みたいなオッサンには良いんですよ。

山笠?何それ、美味しいの?くらいの僕でも、博多の町並みは好きです。だからこんなサイトやってるんですけど。

とろみや20

そして少し先に目をやると

あれは、もしやっ!!

はい来ました、三つ目鱗紋。北条家ですね。

%e3%81%a8%e3%82%8d%e3%81%bf%e3%82%8421

博多で三つ目鱗といえば鎌倉幕府、執権北条氏ですよ。この場所は息の浜、元寇防塁、石築地があった場所。というか、まさに元寇の激戦地、古戦場跡ですから。

とはいえ、直接鎌倉幕府と関係があったというわけではなさそうで、開山した僧が北条氏の出だったそうです。それでこの紋が使われているんですね。

それでも、東国武士の家紋が九州の博多にある、歴史ロマンを感じませんか?

とろみや22

ということで、古門戸町のとろみ専門店で麻婆豚骨ラーメン食べてきたよ!レポートでした。

「とろみや」

MAP:福岡市博多区古門戸町5−5⇒ Googleマップへ

営業時間:11:30から14:30、17:30から22:00

定休日:日曜日

近隣のみどころ


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で博多ギークをフォローしよう!

スポンサードリンク

関連記事

  1. 江戸時代の和菓子って聞いたら食べたくならない?「鶏卵素麺」と「鶴…
  2. 博多名物「池ぽん」の牛丼で博多ランチ!本気で常識が変わるウマさ。…
  3. 博多駅の土産物店で見つけた「赤い恋人」北海道名物のパロディと思っ…
  4. 福岡空港「green blue(グリーンブルー)」新しいレストラ…
  5. 「川端どさんこ」博多駅で豚骨以外のウマいラーメン屋といえばココ!…
  6. 「伊三郎製パン」へ行ってきた!ベイサイドプレイス博多の100円パ…
  7. 「一ロ(いちろ)」博多バスセンターにある餃子屋さんで博多ランチ!…
  8. UFO炭火焼肉2 【食べてみた】日清焼きそばUFO「炭火焼肉味」極太まぜそば!ピリ…

まち・観光

グルメ

新店情報

  1. 弥栄

ショップ情報

イベント・エンタメetc

中の人ブログ

  1. 弥栄
  2. 辣式まぜそば

読まれている記事

PAGE TOP