イベント・エンタメ

【今夜も】NIGHTWISH哀愁の美旋律シンフォニックロックの神髄を見た!” Alpenglow”【鋼鉄ロック】

大きなお姉さんは好きですか?最高のヴォーカリストを得て磨きがかかるシンフォニックロック!

もう押しも押されもせぬ世界的大人気バンド「NIGHTWISH(ナイトウィッシュ)」2度のヴォーカルチェンジを経て、過去最高のステージパフォーマンス。このバンドだけは紹介しないわけにはいかない、これを外しては現在の北欧メタルは語れない。とにかくイイ!カッコいい!バンドなのです。

NIGHTWISHはフィンランドで1996年に結成されたバンド、当初はターヤ・トゥルネンのオペラティックなヴォーカルを軸に活動していたが、その後ヴォーカルをチェンジ。更に2013年、現在のヴォーカルであるフロール・ヤンセンが加入したことにより、楽曲の表現力が格段にアップ。このヴォーカルは凄いね、見た目もライブパフォーマンスもステージ上での存在感が凄い。

今回は数ある名曲の中から、非常に美しいメロディを持つ「Alpenglow」のライブ動画を紹介。

シンフォニックなキーボードからスタートする曲、メリハリの効いた変化に富んだ曲でありながら情感豊かに歌い上げるヴォーカルのメロディラインが美しいんです。これ聞いてメタルはうるさいという人が居たら、耳だいじょうぶ?と聞き返さなければならないくらいメロディアス。けど、やっぱガッツリメタルしてるんですよね。

メタルと一言でいっても様々なジャンル、系統があって、ぼくはメロディアスな北欧系が大好物。哀愁の美旋律、美しいメロディラインが日本人の感性に合うのか、日本のメタルファンに北欧メタル好きは多いんですよ。北欧系の中にもネオクラシカルやらなんやら、また細かい系統があるんですがその話をしだすとややこしいのでカット。

そんな北欧メタルの中で、NIGHTWISHはシンフォニックメタルというジャンルを世に広め多くのメロディ重視のメタルバンドに影響を与えました。主にヨーロッパ全域と、ブラジルなど南米で圧倒的な人気を誇るバンド。大物はやっぱ存在感が違いますね。

メタルバンドの魅力の一つが数多く繰り返されるメンバーチェンジ。バンドとしてだけでなく、個人単位で元〇〇の〇〇が〇〇に入ったらしいぜ!とか、メンバーチェンジによって生まれる新しいバンドのパフォーマンスを楽しむことが出来ます。今回も3人目のヴォーカルを迎えてさらに凄みを増したナイトウィッシュを堪能させていただきました。

ぜひこのメロディの渦の中に身をゆだねてみてください。抜け出せなくなりますよ。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で博多ギークをフォローしよう!

スポンサードリンク

関連記事

  1. 「大相撲九州場所」博多の会場へ行ってきました!気になる値段と升席…
  2. 【行ってきた】博多駅アミュエストで波佐見焼ショップ「はさみストア…
  3. 【今夜も】Stratovariusから大スケールのシンフォニック…
  4. 出張ハウステンボス2 「出張ハウステンボス」博多マルイ5階の期間限定ショップに行ってき…
  5. 【動画アリ】キャナルシティ博多の噴水でワンピースのプロジェクショ…
  6. サンリオキャラクターショップ1 「サンリオキャラクターショップ」JR博多駅アミュエストに期間限定…
  7. 「Myrath(ミラス)」がスゲエ!君はチュニジア共和国のロック…
  8. 「早春の動物たちの集い」福岡県庁の福岡よかもんひろばで開催してい…

まち・観光

グルメ

  1. オットーシクロ15
  2. UFO炭火焼肉2

新店情報

  1. 弥栄

ショップ情報

イベント・エンタメetc

中の人ブログ

  1. 弥栄
  2. 辣式まぜそば

読まれている記事

PAGE TOP