まち・観光

「福岡空港展望室」最新、博多の注目観光スポット!人気急上昇中です

リニューアル中の福岡空港の展望デッキがなかなか素敵なんです。

ぼくの中では福岡空港よりも「板付」といったほうがシックリくるんですよね。というのも、ぼくが航空自衛隊に居た頃は、自衛隊内で福岡空港を板付と呼んでいたんです。航空自衛隊の板付は春日市にある春日基地の一部、福岡空港内にもちゃんと部隊がいるんです。その関係で、福岡に全く縁が無かったころから何度か来てるんですよね、この空港。

余計な話から入りましたが、福岡空港は飛行機利用者以外にも空港施設を利用してもらおうと、大規模なリニューアル中。福岡空港公園構想というのがあるらしくて、国内線ターミナルの商業施設をグリーンブルーと名付けて続々とお店がオープンしている注目のスポットなんです。

今回は空港の最大の魅力ともいえる、展望スポットへ飛行場の雰囲気を味わうために行ってきました。

飛行場を見学するには、国内線ターミナルのビル3階から送迎デッキ・展望室へと向かいます。

福岡空港展望デッキ1

看板の矢印に従って歩いて行くと

福岡空港展望デッキ2

上へと続く階段がありました。エレベーターもあるので、ベビーカー利用者や階段がキツイ人はそっちらへ。

福岡空港展望デッキ3

階段を上りきると空港関係の展示室になっていました。

福岡空港展望デッキ4

飛行機のタイヤが展示してありますね、飛行機にもタイヤをコントロールするハンドルやブレーキが付いているんですよ。地上を走るときは自動車と一緒です。

福岡空港展望デッキ5

こんな飛行機の写真や

福岡空港展望デッキ6

飛行機の模型も飾られています。

福岡空港展望デッキ7

そんな中で、一番の注目はコチラ。古い福岡空港の写真、これは貴重なものですよ!

ぼくも興味津々、じ~っくりと拝見させていただきました。

福岡空港展望デッキ8

そんな写真の中から、とっても興味深い写真がありました。大西洋横断で有名なリンドバーグが名島へ着水した時の写真です。福岡空港の前、名島に水上機の空港があったんですよ。昭和5年には国際線が就航し、ここから上海などへ飛んでいたそうです。

戦前の日本は非常に国際的で、東京など国内の鉄道駅で海外行きの切符が買えました。下関から当時は日本であった朝鮮半島へ連絡船で渡り、そこからシベリア鉄道経由フランスパリまで。「下駄で歩いた巴里」の筆者「林芙美子」によると、下関からパリまで約三百七十九円二十五銭、約二週間の汽車旅だったそうです。

福岡空港展望デッキ9

これは戦後、米軍基地時代の写真です。「ITAZUKE AIR BASE」と書かれています。敗戦国ですから・・・色々と大変だったのでしょう。ぼくの父や自衛隊OBの方から、敗戦後の悲惨な様子をよく聞かされました。

福岡空港展望デッキ10

展示室を抜けて、まずは送迎デッキへ出ます。

福岡空港展望デッキ11

送迎デッキに出てきました

福岡空港展望デッキ12

かなり広いですね、ずーっと奥まで開放的な空間が続いています。

福岡空港展望デッキ13

送迎デッキから上へと続く階段、この上が展望室です。

福岡空港展望デッキ14

展望室にやってくると、子供たちがおおはしゃぎしていました。

福岡空港展望デッキ16

かなり滑走路エンドに近い所ですね、地方空港の中で福岡空港は発着便が多いので見ごたえがあります。

福岡空港展望デッキ17

広大な敷地、これだけ広い空間って街中に殆どないですからね、見ていると癒されます。

福岡空港展望デッキ18

到着便が降りてきました。

福岡空港展望デッキ18

着陸寸前の様子。ほんと、離発着がひっきりなしですね。

福岡空港展望デッキ20

おっ、特殊車両発見!

この車両は給油車でしょうね、空港エプロンには地下に燃料タンクがあるので汲み上げて給油する車両。地下にタンクがない自衛隊基地などでは、タンクローリーのような燃料タンクを持った車両があります。

福岡空港展望デッキ21

そして圧巻はコレ、福岡空港というか福岡名物・・・

西鉄バス!!

凄いな、何台も走ってます。

福岡空港展望デッキ22

展望室内の床はフローリング、ベンチもあるのでゆっくりと寛ぎながら見学できます。これはイイね、デートスポットにいかがでしょう。

福岡空港展望デッキ23

お腹がすいたら軽食の自動販売機もあります。

福岡空港展望デッキ24

おっ、また一機離陸していきます。お気をつけて~

福岡空港展望デッキ25

いや~、空港っていい場所ですね。ぼくは7年間航空自衛隊で働いていたので、空港と共に寝起きしていたんですよ。この雰囲気を見ると、なんだか故郷に帰って来たような気分になります。滑走路清掃で早朝の暗いうちから滑走路を歩いてごみを拾ったり、岩国の海兵隊基地でF-18の暖機運転の煩さに毛布を頭からかぶったり、いろんなことを思い出します。

空港のいいところは、なんといってもこの解放感ですよね。日本でこれだけ広大な、見渡す限りの平地を見る事ってほとんどありませんから。また、夜になると滑走路の誘導灯が灯ってもっと綺麗になるんですよ空港って。福岡空港は飲食店も充実しているし、夜景を楽しみに行ってみてはいかがでしょう。おすすめですよ。てか、ぼくも行きたいなぁ、なかなか夜出歩くのが難しいんですけど・・・

まあ、まだ改装途中ですからね、完成したらどうなるのかとっても楽しみです。

「福岡空港国内線送迎デッキ・展望室」

MAP:福岡市博多区下臼井778−1⇒ Googleマップへ

入場時間:7:00から21:30

ここに書かれている情報は、記事投稿時のものです。最新情報は下記リンク先をご確認ください。

福岡空港公式サイト⇒http://www.fuk-ab.co.jp/



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で博多ギークをフォローしよう!

スポンサードリンク

関連記事

  1. 「福岡よかもんひろば」ここは絶対行くべき!博多の展望スポット&展…
  2. 博多の街を見下ろす無料の展望スポット!博多ポートタワーからの眺め…
  3. 「シップスガーデン水上公園」博多と天神の間を結ぶオシャレな水上公…
  4. 「博多合戦」無念!菊池一族とその郎党の首が見つかった場所と鎮西探…
  5. 崇福寺の仏殿が残る博多区千代の「松源寺」派手な彫刻は必見ですよ
  6. 【動画アリ】JR博多駅の新幹線改札口に「からくり時計」があるんで…
  7. レトロな建物ファン必見!博多対馬小路で見つけた見事すぎる古民家
  8. よかもんカフェ22 県庁の最上階からの眺めが抜群!福岡よかもんひろばのカフェで博多ラ…

まち・観光

グルメ

  1. よかもんカフェ22
  2. 豚骨ラーメンチーズ
  3. 百菜旬4

新店情報

  1. 弥栄

ショップ情報

イベント・エンタメetc

中の人ブログ

  1. 弥栄
  2. 辣式まぜそば

読まれている記事

PAGE TOP