中の人ブログ

危惧が現実に!ユーキャン新語・流行語大賞「日本死ね」仏像窃盗という犯罪へ

日本死ねとかね、そういう言葉をみんなが使うようになればこういう事態になるんです。

滋賀県彦根市で地蔵菩薩が盗まれた上、ほこらに「日本死ね」と書かれていた事件を受けてユーキャンへの批判が再燃しています。2016年「ユーキャン新語・流行語大賞」にて流行語トップ10に選出された「保育園落ちた日本死ね」という言葉。

選出直後から「日本死ね」という文言を流行語にするとは何事か!と、ユーキャンと受賞した民進党山尾参議院議員に対して非難の声が上がり、ユーキャンの新年あいさつツイートも炎上したばかり。

「日本死ね」と書かれていた

1月14日の中日新聞が伝えたところによると、彦根市長曽根南町の地蔵菩薩(ぼさつ)が何者かに盗まれ地区の自治会が十三日、彦根署へ被害届を提出。ほこらの柱や側面に「日本死ね」と書かれており、署は関連を調べている。

匿名掲示板ですら「死ね」という表現は、ある程度の自主規制によって直接表現を避けていた。しかし、テレビメディアとユーキャン、そして民進党の山尾議員のお墨付きを得て「日本死ね」という言葉が独り歩きを始めてしまいました。こんな言葉を流行語として世に広めた責任は重大です。

この記事を書いている時点で「ユーキャン新語・流行語大賞2016」のウェブサイトには、受賞して笑みを浮かべる民進党の山尾議員の写真とともに「保育園落ちた、日本死ね」が掲載されています。

このニュースを受けて、ネットでも非難の声が高まっています。

ユーキャンは「協賛と言う立場である弊社は審査員・ワードに関して意見を申し上げる立場ではございません」とコメントしているものの、流行語大賞には「ユーキャン」という企業名が入っており、知りませんで通るわけがありません。

前にも書きましたが、日本では言霊といい「言葉に行動がひっぱられる」という考え方があります。そういう意味で「日本死ね」は日本に死を命ずる一種の呪いであり、こうやって少しずつ日本に悪い影響を与えていくのでしょう。このままエスカレートして、「日本死ね」と直接日本人に危害が加えられないか心配になります。まったく、日本への呪いを流行語大賞として選出し、誇らしげに発表した関係者の人たち、一体何を考えているのでしょう。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で博多ギークをフォローしよう!

スポンサードリンク

関連記事

  1. 【福岡で新規就農】未経験から副業で農業をスタート【耕作放棄地再生…
  2. 「正規vs非正規」労働者同士のいがみ合い、平民の下に貧民・・・江…
  3. 福岡に移住して新規就農!仕事を辞めずに農業始めました「耕作放棄地…
  4. カジノ法案の前にパチンコをどうにかする必要があるんじゃね?
  5. イケダハヤトさんのブログで見た「Next Commons Lab…
  6. 「仕事を辞めたい」会社で働く事がとんでもなく無駄に思えてきた
  7. 職場の20代スタッフが言った「日本が良くなるなんてありえない」に…
  8. 福岡市役所へ新規就農相談に行く!の巻「資金なし、未経験から休日副…

まち・観光

グルメ

  1. 魚人5

新店情報

  1. 弥栄

ショップ情報

イベント・エンタメetc

中の人ブログ

  1. 弥栄
  2. 辣式まぜそば

読まれている記事

PAGE TOP