中の人ブログ

福岡に移住して新規就農!仕事を辞めずに農業始めました「耕作放棄地再生6、7日目」

二日続けて畑へゴー!堆肥を入れて畑らしくなってきました。心配なのは・・・やっぱ雑草ですねぇ。

福岡市内の郊外地区に移住した僕が、福岡市内の農村部で耕作放棄地を再生して農業を始めようというこの企画。ぼくは農家じゃない「非農家」なので、普通なら農業を始められないんですよ。本当に運よく農地を相続したけど使っていないという人と出会う事が出来て、一緒にやろうと言ってくれたから始める事が出来たんです。しかも全くの未経験、資金も無いという状態。それでもネットを頼りに畑を耕し

最初はこんな状態だった畑も

見違えるようになりました。

新規就農512

作業開始からの期間は約1か月、実際に作業した日数的には5日間。今回の二日間を入れて、ちょうど1週間になります。耕すだけなら何とかなるもんですね・・・まあ、春になると雑草が伸び始めるのでそこからが大変なんでしょうけど。

全部で7段、細かい所も含めれば9カ所に分かれているこの段々畑。主に使えそうな場所を開墾して、何とか7段を畑っぽくしました。今日からいよいよ作物を植える準備に入っていきます。

まず最初にやるのは堆肥、畑に堆肥を入れて土を畑っぽくします。ということで、今日は堆肥を無料でわけてくれることになった養鶏場へ堆肥をとりにいきます。

なんか色々混ざってますこの堆肥。灰と鶏糞と、もみ殻も混ざってますね。時どき鶏の骨が出てくるのも、有機質ということで混ぜられているのかもしれません。

畑6701

これをガラ袋に詰め込んで、畑へと運びます。

畑6702

持った感じでは一袋20kg前後というところでしょうか。まず最初に20袋を積み込みます。

畑6703

この堆肥を畑にぶちまけて、レーキやトンボを使って伸ばしていきます。堆肥を入れたのは2段目と3段目。まずは1~3段目に植えようという事で、急ピッチで進めています。刈った雑草なども全部入れてるうえに、4年以上放置されていた畑なので栄養は十分だと思うんですが。

袋詰めしてきた堆肥を全部手で運ぶのですが、足場が耕されていて柔らかく足腰に厳しいですね。こりゃ鍛えられるわ。あ、石灰は先週巻いています。phは6.8くらいだと思われます。計る場所によって微妙に違うんですよね。

畑6704

ガンガン耕運機で耕すと、驚くほど土がフカフカになって細かくなりました。なるほど、こういう効果があるんですね。

畑6705

この日は他にもいろんな農業資材を見てみようという事で、糸島市農協が運営するアグリセンターなどへ行っていたので2段目と3段目に堆肥をいれて耕耘して終了。時間がかかる割には、なかなか作業が進みません。農業って、予想以上に大変ですね。まだ作物を植える前ですからね、植えてからの事も考えると・・・甘く見ないほうがいいです。

畑6706

そして翌日、水はけが悪くいつもぬかるんでいる1段目に堆肥を入れます。広さは350平米から400平米というところでしょうか。この段はもう何年前から使われていないか分からない場所。畑として使われた形跡がなく、もともと田んぼだったんです。そのため、土がもうべっちゃべちゃ。おまけに、地下水が染み出してるんですよね・・・使い物になるのかな?

畑6707

とにかくやってみなければね、なんとも言えません。堆肥を20袋取りに行って、ここに全部撒きます。

畑6708

この袋を一袋ずつ、ぬかるむ畑へ運び込みます。

畑6709

この堆肥をレーキやトンボで平らに伸ばして、ここには石灰を撒いていなかったので石灰を約30kg撒いて耕します。

畑6710

すると・・・

おぉっ!ぬかるみが畑になった!!

凄いですね、堆肥を1平方メートルあたり1kg強くらいだと思うんですが、見た目は畑の土になりましたよ。堆肥すげぇ。

畑6711

これはマジで驚きました、こんなに変わるもんなんですね。畝を高めにして大根でも植えれば、どうにかなりそうじゃないですか?

まあ、日当たりが悪いのだけはどうにもなりませんが・・・

で、今日はここまでかと思いきや、まだまだなんですねぇ。なんと、最終秘密兵器があるのです。それがコレ。

酵素の原液です!

畑6712

この酵素、いわゆる天然酵素といわれる植物などから抽出しただけのタイプとは少し違います。元は天然酵素なのですが、その酵素を利用して有機物を分解する微生物が入ってるんです。酵素とは有機物を分解する際に触媒となるたんぱく質。その酵素を体内で作り出せる微生物を増やし、微生物が出す酵素で有機物を分解するので栄養素が増え、更に微生物が増えて酵素が増えていくという、なんとも凄まじい液体なのですよ。

養鶏場で高い実績をあげていて、養鶏場内の消臭効果や死骸、糞の分解。水に混ぜて直接摂取させることによる成長促進、卵の大型化など、大手商社と共に研究を積み重ねて様々な成果が証明されているんです。鶏の死骸などは、この酵素を含ませたチップに入れると一日で跡形もなくなるそうです。今回、ぼくの畑には鶏の骨がイッパイ混ざった鶏糞堆肥を入れているので、肥料分の分解促進と、畑に漉き込んだ雑草や虫の死骸なども含めて分解し、土の栄養価を高めるために土壌散布してみることにしました。

希釈倍率は500倍。このじょうろに5リットルの水を入れ

畑6713

入れる酵素液は僅か10cc

畑6714

これを1~3段目にじょうろで散布します。1段目に500倍希釈液を5リットル、2段目に10リットル、3段目に5リットル。ただ、酵素の専門家によると、土壌にしみ込んで沈下していくので微生物の拠り所になる「おがくず」などを入れたほうが効率が良いという事なんです。

けどね、畑に「おがくず」なんていれたら、発酵熱を出されて作物に影響が出てしまいます。酵素は大切なんですけどね、有機栽培では酵素を使用するのが良いらしいんですよ。なんかいい方法を考えねば。

ということで、今日も耕して、耕して、耕しました。1段目に堆肥、石灰を入れて耕耘。1から3段目に酵素を入れて耕耘。あと、4段目からも一通り土を柔らかくするために耕しました。写真は3段目、なんとなく畑っぽくなってきましたね。

畑6715

あと、このブログを見ていた知り合いから肥料の差し入れ・・・ちょっと少なくね?w

畑全面に元肥として撒くには足りませんが、追肥とかジャガイモの元肥で使えばいいかな。これも有名な有機肥料で、鶏糞を高圧処理プラントで加水分解したという肥料なんですよ。

畑6716

高濃度鶏糞を高温高圧処理を行い、栄養分に分解した肥料なのだそうです。加水分解済みなので、有機肥料なのに即効性が期待できるとか。

畑6717

さて、耕作放棄地の草ぼうぼう状態から、実質の作業時間1週間でここまでやってきました。次回からはいよいよ1~3段目の畝立て、植え付け。それと並行して4段目から堆肥を入れ、耕作面積を広げていきます。

今年の春植える予定にしているのはジャガイモ、春植え大根、ニンジン、あとは小葱か春植えのわけぎを植えようと思っています。やっぱ小葱を植えたいんですけど、苗を作る場所が無いので種を直播して芽を出させることが出来るか不安なんですよ。なので、球根から植えるわけぎが簡単なんです。う~ん迷うところ。

葉物やピーマンなんかの果菜を植えるには、週一の作業じゃ無理だと思うので却下。根菜中心で、出来る限り手のかからない野菜を植えていきます。まったくの未経験者が、ネットで調べながらやってますからね、一度ちゃんとしたプロの指導員に相談にも行きたいんだけど・・・全く時間が足りないw

まあ、最初は失敗しても良いんです。それくらいの気持ちじゃないとやってられませんよ。何年かかけて軌道に乗せて、この経験をもとに過疎化が進む福岡市の農村部を活性化するような活動を始めようと思っています。野望は大きく、やる事はセコく。今日も出来る事からコツコツと、地道に歩んでいきますよ。

非正規社員が休日を使って挑む非正規農業、どうなる事やら、こうご期待です。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で博多ギークをフォローしよう!

スポンサードリンク

関連記事

  1. 未経験、自己資金ゼロで副業で農業をやる!就農支援しても農家が増え…
  2. 趣味で副業!ブログで始める地域ローカルメディアは初心者でも超簡単…
  3. 「日本の現代が終わる」時代の終わり、僕は時代の大転換点にいるのか…
  4. 危惧が現実に!ユーキャン新語・流行語大賞「日本死ね」仏像窃盗とい…
  5. カジノ法案の前にパチンコをどうにかする必要があるんじゃね?
  6. 地方に移住すると生活費が安くなるという理由が少しだけ分かった気が…
  7. 【福岡】農家じゃない僕が畑をゲットしました!自己資金ゼロ、未経験…
  8. 農業始めて最初に植えるのはコレダ!ジャガイモ浴光育芽中【福岡で新…

まち・観光

グルメ

  1. 弥栄
  2. チーズロールアイス2
  3. よかもんカフェ22

新店情報

  1. 弥栄

ショップ情報

イベント・エンタメetc

中の人ブログ

  1. 弥栄
  2. 辣式まぜそば

読まれている記事

PAGE TOP